入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ専攻
学科紹介

学科紹介Subject introduction

柔道整復科

 
 

医療、スポーツ、福祉などの幅広い分野で 活躍する柔道整復師を目指す!

 
本校の柔道整復科は平成12年に設置されましたが、平成4年の開校当初より設置されておりますスポーツ・健康分野の学科に併設されていることが本校の一番大きな特徴だと思います。
柔道整復科の学生の中には、午前中に柔道整復科の授業を受け、午後からは野球、サッカー、ソフトボールの実技並びにクラブ専攻を満喫している学生が多く存在しています。また、チームの中でトレーナーとして現場で直接的に勉強している学生、あるいは地域でのスポーツ大会にボランティアとして参加している学生もたくさんおります。
 
附属の臨床実習施設では本校のスポーツ系学生の施術にあたることも多く、ようするに本校の柔道整復科はスポーツ傷害、あるいは傷害予防に対する学習機会にたいへん恵まれている環境にあると言えます。学科内の雰囲気は家庭的で、学生は明るく伸び伸びと学んでいます。自然環境にも恵まれたこの甲賀の地により多くの方々に来ていただけるよう教職員一同、心よりお待ちいたしております。

PICK-UP目指す進路によって選べる2つのコース

専修コース

幅広い知識の習得が可能
仕事や接骨院での研修、学校で授業の復習を行う事も可能。午後からの特別授業やテーピング講座などに参加し、スキルや幅広い知識を習得する事もできます。

詳しくはこちら

併修コース

専攻分野と両立できるコース
国家資格を目指しながら選手として競技を続けたり、スポーツトレーナーとしてチームで活動する事が可能。各専攻分野で本格的な活動をする事ができます。

詳しくはこちら

柔道整復師ってどんな仕事?

専門学校などの養成校で、基礎医学と骨折、脱臼などの柔道整復術、関係法規を学び、国家試験に 合格して取得できる国家資格者です。整骨院・接骨院のほか、医療機関やスポーツの現場、 介護保険制度での介護事業所などでも活躍しています。主に骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷などの 損傷に対し、手術をしない「非観血的療法」によって治療を行います。
>>資格取得後の、就職先(活躍の場)はこちら
◆柔道修復師になるには
高校卒業後に専門の養成機関での知識、技術の修得が必要。(3年間)
柔道整復師になるためには、厚生労働大臣認定の養成施設(専修学校・大学)に入学し、基礎分野、専門基礎分野、専門分野など定められたカリキュラムを学びます。その後、柔道整復師国家試験を受験し、合格し免許申請後、柔道整復師の免許が交付されます。免許取得後、一般には接骨院や整形外科医院などに就職し、研修業務を経て開業となります。近年、柔道整復師を目指す女性の数も増え、福祉・介護関連やスポーツジムなど職域も増えています。
◆スポーツトレーナーになるには
治療院・接骨院やトレーナー派遣会社で勤務、母校や地域のクラブ・競技団体でボランティア、インターンシップ先での就職など、様々な現場経験を積むことで、トレーナーとしての道が開かれます。その第1歩が3年間しっかりと勉強し、柔道整復師の国家試験合格をすることです。
 

柔道整復科の特色

POINT 1午前中授業だからできる
午後からの充実した活動

午後からの時間を、専攻競技や整骨院での研修など自分のライフスタイルに合わせて、活動することができます。社会人の方で仕事を続けながら、柔道整復師を目指す方や現場での経験を早い時期から積みたい方にも適しています。

POINT 2少人数ならではの
距離の近い手厚いサポート

1クラス制を実施することで、講師が学生に対して、手厚いサポートができる環境を実現しています。定員数は30名の少人数制で授業を行い、勉強から就職関係までサポートしています。

POINT 3競技活動との両立を
併修コースで

国家資格を目指しながら、選手として競技を続けたり、スポーツトレーナーとしてチームで活動することができるコースです。専攻分野は硬式野球専攻、男子サッカー専攻、女子ソフトボール専攻、女子サッカー専攻、スポーツトレーナー専攻の5つから選択できます。
 
 
繧ェ繝シ繝励く繝」繝ウ繝代せ
蟄ヲ譬。譯亥&蜈・蟄ヲ鬘俶嶌辟。譁吶〒縺雁ア翫¢縺励∪縺吶
螟ァ蟄ヲ邱ィ蜈・蛻カ蠎ヲ
入学案内
学校案内
学科紹介
  柔道整復科
  ・概要
・専修コース
・併修コース
・カリキュラム
・活躍の場
・Q&A
資格・就職
クラブ専攻
トップページ
 
特集 柔道整復師を目指す社会人・大学生