入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ専攻
スポーツ健康科 アスリートコース

学科紹介Subject introduction

スポーツ健康科

 

スポーツ健康科アスリートコース

アスリート、指導者としての技術を学びます。

午前中は、アスリートあるいはコーチの視点から、スポーツ、健康分野の知識と手法を身につける為の専門的な学習、また社会人に必要な人間力を身につける為のカリキュラムが組まれております。

午後からは、より高いスキルの習得を目指し、専攻競技別に分かれ、トレーニングを行い、技術的なレベルアップ、競技の専門的な戦術や知識を実践を通じて学び、トップアスリートや指導者を目指します。また公式戦などにも多数出場しており、年間通して活動をしてます。教員免許取得を希望する学生には大学3年次編入制度もあり、幅広い進路先があります。

専修コース

アスリートコースの特色

実業団チームとの活動

実業団チームとの活動

各専攻競技は日本リーグや社会人リーグに所属しています。技術面だけでなく、スポーツを通じ、心・技・体を兼ね揃えた人材の育成に取り組んでいます。またトップレベルのチームとの関わりも深く、実力次第で各チームへの練習参加が可能です。常に高い意識を持ち、競 技活動に取り組むことができます。

競技力の向上をサポート

競技力の向上をサポート

午後からの時間を、自身の目標やライフスタイルに合わせて活動ができるため、社会人の方も、仕事を続けながら国家資格を目指せます。少人数制で講師と学生の距離が近く、意欲のある学生を積極的にサポートする体制を整えています。

一日のスケジュール

アスリートコースの一日

活躍する卒業生

建山 義紀 さん

ルネスでの2年間が世界に挑戦する今の自分をつくった。

日本代表の投手コーチ。そのキャリアの原点はルネス

私は現在、 野球日本代表「侍ジャパン」の投手コーチをしています。稲葉監督からコーチ要請を受けた時は「私に務まるのか」と疑問に思う気持ちもありましたが、日本のため、何よりも稲葉監督を助けたい一心で引き受けました。日米球界を渡り歩いた経験を買われたのでしょう。さまざまな野球人生があるなかで、現役引退後にこのようなお話があるというのは、身の引き締まる思いとともに、本当にありがたいと感じます。

社会人野球からプロ入りし、メジャーに挑戦、そして日本代表の投手コーチ。そんな私のキャリアの原点は、高校卒業後にお世話になったルネスでの2年間にあると言っても過言ではありません。ルネスでは、素晴らしい指導者のもとで、本当によく練習をしました。在学中は夜間も練習をしていましたが、ただ単にがむしゃらに汗を流すのではなく、睡眠時間を念頭に入れながら、時間を逆算し、効率の良い練習方法をいつも考えていました。プロ入り後も私の支えになった「目的を決めてから練習する」というスタイルは、まさにその時に培ったものです。それから、協調性、自主性、継続性といった野球人として生きていくために大切なものも学びました。大げさではなく、その気持ちを持ち続けたから、今があるのだと思っています。

建山 義紀 さん

日本一を経験しながらメジャーにも挑戦

プロ入り後のキャリアの中では、北海道日本ハムファイターズ在籍時の3度のリーグ制覇が強く印象に残っています。特に2006年は日本一にもなり、生涯忘れることのできない出来事になりました。それから、メジャー挑戦は本当に多くを学びました。日本の野球とアメリカの野球の違いは「パワーを技術でカバーする日本」、その逆の「技術をパワーでカバーするアメリカ」といえば分かりやすいでしょうか。マイナーリーグも経験しました。メジャーのトップ選手の待遇は別格ですが、マイナー選手となれば、その差は歴然。ダブルヘッダーの試合後に15時間の移動があり、到着後すぐに試合。こういった日々の連続のため、まともに食事や睡眠もとれない。挙げ句の果てには食事は自分で用意しなければならず、体調管理が大変難しかった思い出があります。

建山 義紀 さん

夢は、日本代表で世界一の投手陣を形成すること

いよいよ今年(2019年)11月には、世界ランキング12位以内の国が集う「プレミア12」が日本で開催され、世間から注目を浴びます。プレーする選手に最高の準備をさせてあげられたのか、コーチの力量を問われることでしょう。選手時代とはまた違ったプレッシャーを感じます。指導者の立場として、選手には「やることは練習前にしっかりと決めて、それ以上にもそれ以下にもならないように」と伝えています。

これから学ぶ皆さんは年齢が若いので、学業やスポーツを行う上での体力と技術も驚くべきスピードで身に付きます。目標を持って諦めずに前に進めば、卒業時にはきっと素晴らしい成果を得ているはずです。私の今の明確な目標は、2020年の東京オリンピックで「侍ジャパン」が金メダルを獲れるように、野球を勉強して、世界一の投手陣を形成することです。お互い目標に向かって、ともに頑張っていきましょう。

建山 義紀 さん

西口 直人 さん

甘くないプロの世界で長く愛される選手になる。

プロの世界は結果を出せば正当に評価してもらえる、そこが一番のやりがいです。これまでとは違うプロ野球のレベルの高さと深さに驚き戸惑うことばかりですが、ルネスで鍛えられた強靭な精神力と技術力でプロになるための準備を整えていたので、一日でも早く1軍で投げられるように練習に励みます。

私にとって「プロ野球選手になる」という自分の夢につながる一番近い道が、ルネスでした。社会人リーグに所属する高いレベルで野球に打ち込める環境があり、野球だけではなくスポ―ツや体・健康に関する知識を学ぶこともでき、アスリートとして体の構造と健康を理論的な観点から意識することで自身の技術向上につなげることもできます。

入学した1年目は怪我で登板できず、とても悔しい思いをしました。そんなときに支えてくださった監督やコーチ、チームメイト、皆様のおかげで自分の夢が叶えられました。誰かのことを思い助け合う精神がここにはあります。

また、挨拶など礼儀に重きを置いているので、2年間という短い期間の中でスポーツだけではなく、社会人としての意識が身について成長できる場です。

昨年(2018年)は1軍の先発を経験し、今は1年間通して投げられる身体をつくるため、体幹や股関節周りの強化に取り組んでいます。栄養面も考慮しながらトレーニングを理論的にできるのもルネスで学んだ知識のおかげです。

私もこの学校で教わった謙虚・素直・感謝の気持ちで多くのファンから愛される選手を目指し、プロ野球選手として子供たちに希望を与えられるように頑張ります。皆さんも、目標を高く持ち自分を信じて頑張ってください。

西口 直人 さん

西口 直人 さん

選択可能な競技活動

  • 男子サッカー専攻
  • 硬式野球専攻
  • 女子ソフトボール専攻
  • 女子サッカー専攻
 
柔道整復科特集
オープンキャンパス
学校案内&入学願書無料でお届けします。
学校見学 お申込みはこちら
大学編入制度
2019年4月より、甲賀健康医療専門学校はルネス紅葉スポーツ柔整専門学校へ校名を変更します
入学案内
学校案内
学科紹介
  スポーツ健康科
  ・概要
・アスリートコース
・フィットネスコース
・カリキュラム
・活躍の場
・Q&A
資格・就職
クラブ専攻
トップページ
 
選手・トレーナー 練習参加受付中!