入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ専攻
 
清水 雄介
(以下、清水)
僕たちが目指すトレーナーは、施術する目的から大きく2つに分けられます。まず、柔道整復科(以下、柔整科)から目指すトレーナーは、ケガをした人の治療やリハビリを行います。柔道整復師は、筋肉や骨格などの筋骨格系の治療を専門とするので、その知識や技術とトレーニングを融合させてケガの回復を助けていきます。
柴田 佳祐
(以下、柴田)
スポーツ健康科から目指すトレーナーは、ケガをしない体づくりをサポートします。柔整科のように、筋肉や骨格などの治療はできませんが、手足や体の悪い動きを良い動きに変えることで体にかかる負担を軽減し、ケガをしない体づくりへのサポートをすることを目的としています。
清水 このようにトレーナーと言っても、できることが少し違ってきます。
清水 普段僕たちは、座学や実習を通してトレーナーになるための知識や技術を高めています。実習は、僕の場合、男子サッカー専攻なのでルネスのサッカーチームに帯同させてもらって、日々技術を磨いています。
柴田 僕は、母校で実習をさせてもらっています。初めて実習に参加した時は、右も左も分からなくて。現場で学んだことを学校に持ち帰り、分からないところは先生に聞くなどして勉強していました。
清水 選手個々に合わせたテーピングの仕方やトレーニングの仕方などが次第に身に付いていく、成長していく過程がすごく楽しいですね。トレーナーというものに対して、どんどんのめり込んでいきました。
柴田 実習を重ねることで、手が、選手それぞれの特徴を覚えていっている感覚があります。選手たちから感謝の気持ちをもらえた時は、喜びを感じますね。
清水 あと、他の学校だと限られたスポーツに対してしかトレーナー活動ができませんが、ルネスでは、自分の専攻するスポーツ以外にも野球、ソフトボールと様々なアスリートに関わることができるのが特長です。
柴田 僕のように学外に実習に行くこともありますが、学内でも実習ができる。これってとても恵まれた環境だと思います。また、アスリートがすぐ側にいるので、いつでもどこでもトレーナー活動ができることはとても魅力的です。
清水 スポーツが違うとケガの種類も異なるので、色んな種類のケガを診ることができるのは、将来にとても役立ちますし、知識や技術も格段に増えていきますね。
柴田 アスリートとともに、僕たちトレーナー志望も成長している実感があります。この学校で学んでいる仲間は皆、将来を見据えた仲間ばかりがいるので、お互い切磋琢磨できる最高の環境です。
清水 トレーナーは、相手がいての職業なので、選手に向き合う姿勢、例えば気遣いや優しさを大切にしていますね。
柴田 人との付き合い方やコミュニケーションがしっかり取れていないと相手の気持ちを知ることができません。そのためには、積極的に相手に話しかけることを心掛けています。そして、互いの信頼性を高めることができれば、トレーニングもより効果的なものになると確信しています。
清水 話しかけていかないと、どういうところが痛いかなどの、僕たちが知るべき体の状態を聞き出せないので、コミュニケーションはやっぱり重要です。
清水 「ケガの回復」や「ケガをしないための体づくり」という目的を達成するためには、トレーニングやリハビリの技術や知識を磨いておくだけでなく、「なぜ、それをするのか」をきちんと説明できなければなりません。自分たちが説明・実行できて初めて信頼を得ることができますし、信頼関係がなければ、選手たちもこちらの指示通りのトレーニングやリハビリをしてくれないと思います。あとは、準備。選手よりも早く出てきてその日の準備をし、選手がスムーズにトレーニングすることができる、そういう環境を整えておくことも僕たちの任務ですね。これからも、これらのことを意識してトレーナー活動にあたっていきたいですね。
柴田 選手をサポートする側なので、彼らの動き一つひとつに対して気を配り、選手よりも先に先に行動をすることを常に心掛けています。また、精神的に支えていける、そんなトレーナーになっていきたいです。そうすることで、選手それぞれが最大限のプレーを発揮できるようにする、それが僕たちの使命だと考えています。
スポーツトレーナー
冨田 武綱 先生
私がスポーツトレーナとして活動をしている契約先のチームでの見学や、S&Cアドバイザーをしている滋賀県内の高校(バスケットボール)での実習で柴田君を観ています。「できる事」、「できない事」の壁を感じながらも活きいきと頑張っている姿に私も刺激を受けています。ただ、厳しい意見を言わせて頂くと、足りない部分や課題も見られます。この分野は非常に遣り甲斐がある仕事だと感じています。大変な部分もありますが、これからの柴田君の頑張りに期待したいと思います。