入学案内 学校案内 学科紹介 資格・就職 クラブ専攻
 
スペシャル対談 専修コース×FTコース
アスリートが近くにいる。だから、上達が早い。

ケガの予防とケガの治療。2つの視点が学びを深める。

梅原 聡眞
(以下、梅原)
今はあらゆるスポーツの現場で活用されていますが、柔道整復の技術は、もともと柔道競技者の「治療」を目的としています。そういった意味でも柔道整復師が行う施術は基本的に「ケガの回復を助けていく」ことを目的としています。
西村 紗弥
(以下、西村)
スポーツ健康科が目指すトレーナーは、「ケガしない体づくり」へのサポートが目的です。
梅原 聡眞 写真
梅原 ケガする前か、ケガした後かの違いはありますが、そこで求められる知識や技術には共通するものが多いですよね。
西村 そう思います。私は現在、女子サッカー専攻に帯同させてもらって、トレーナーに必要な技術を磨いていますが、ケガの予防には解剖学の知識が必要になってきます。解剖学は柔道整復師で学ぶ科目でもありますよね。
梅原 まさにそうです。スポーツ健康科では、そういう勉強もしているんですか?
西村 もちろんします。後は身体づくりに必要な栄養学の勉強なども重要ですね。
梅原 栄養学は僕も興味あります。僕が一生懸命学んでいる「筋肉」や「骨」を作るのは栄養ですからね。
西村 考えてみれば、私たちの勉強していることってつながっているんですよね。
梅原 聡眞 写真

アスリートの距離が近く、いつでも学べる環境がある。

梅原 選手たちの身体は、教科書に載っている図と実際の身体は違うということ。人によって筋肉の付き方が全然違う。
西村 ルネス学園には、アスリートがすぐ近くにいるから、柔道整復師の勉強をしている人にとって「学習機会」が多いのが魅力ですね。
梅原 はい。選手やトレーナー視点でいえば、望ましくないのでしょうが(笑)
西村 絶対ケガさせたくないですから!アスリートが近くにいる環境は、私たち予防する側にとっても「学習機会」になっています。お互い持ちつ持たれつの関係ですね!
梅原 野球、サッカー、ソフトボール、さまざまなアスリートの身体を観察できるのもメリットですね。スポーツの種類が違うとケガの種類も違いますから。日々、知識や技術が蓄積されていくのを実感しています。
西村 アスリートと、柔道整復師と、トレーナーと。お互い切磋琢磨できるって恵まれた環境ですね!

本気になったらどこまでも応えてくれる。

西村 私は女子サッカー専攻をよく見ていますが、それには理由があって、トレーナーってコミュニケーションがものすごく大事なんです。
梅原 メンタルのケアなども求められるから?
西村 紗弥 写真
西村 それもありますが、一番は、信頼関係を築くため。選手たちも大事な身体を預けるわけですから、信頼できる相手の言葉じゃないと聞かないですよね。だから練習には早く入って準備したり、後は選手一人ひとりのノートを作って、いつどこをケガしたとか、全部メモに残しています。
   
梅原 柔道整復師も、スポーツの経験があると、スポーツでケガした人の気持ちが分かり、それが信頼関係につながります。しかし、そこまでするともうチームの一員のようじゃないですか。
西村 トレーナーに与えられた最大の使命は、選手たちに最高のコンディションで、最高のパフォーマンスを発揮してもらうことなんです。
梅原 ハイレベルなチームにそこまで深く入り込めるのも、ルネス学園ならではですね。お互い、なりたい自分に向かって、頑張っていきましょう!
西村 紗弥 写真
各専攻 選手の声